アイオライトの指環

週刊少年ジャンプ、ジャンプSQ、ガラスの仮面、ゲームなどの感想とイラスト、ネタなど

週刊少年ジャンプ11号(2014年)

もう絶対年内に読み切れない。
 
イリーガルレア
椎橋先生の新連載
相変わらず色っぽいイケメンが魅力的な絵柄ですね!
前作は筆っぽいタッチが作品テーマに合っていましたが、今回は西洋の幻獣やモンスターなどがモチーフ。
そのあたりのミスマッチがどうなるのかも気になります。
でもそれより、主人公のセーター?の柄が、昔の中年教師のベスト風なのも気になります。
なんだか色もそれっぽい。
牙を投げて戦うのはあんまりかっこよくない様な・・・
 
ニセコイ人気投票
千葉県のYさん…
まぁ、一人一票にして寂しい数字になるよりはいいんじゃないでしょうか。
 
五千万円入るバッグ!懐かしい!
と思ったけどネタが古いわけじゃなくて私がジャンプ読んだのが遅かっただけです。
 
伊調の登場シーンでめちゃくちゃ笑いました。どこから突っ込んだらいいのか分からない…
巻頭の黒吸血鬼さんより吸血鬼してるじゃないですか!!
 
肉体が死んでるから恐怖しないという理屈。
なぜか「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」というフレーズを思い出しました。