読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイオライトの指環

週刊少年ジャンプ、ジャンプSQ、ガラスの仮面、ゲームなどの感想とイラスト、ネタなど

週刊少年ジャンプ11号 感想会議

ジャンプ感想

葦原先生登場!先の展開が楽しみ。
しかしエジソンがすごすぎてどうしてもそっちが目立ってしまっています。渡邉先生が最早我が家では笑いの神みたいな扱いに。
我が家のツボにめちゃくちゃハマるのです。 

 

【アンケートに書いた三本】

1.恋するエジソン 

2.ワールドトリガー

3.暗殺教室

今週もエジソンが一位。ワールドトリガーと暗殺教室には二人とも投票し、あとは1ポイントがバラけました。(持ち点は一人10ポイント) Yukimiさんはスケット、めだか。私はナルト、斉木、キルコ、こち亀、代打のむこうみず君。
最近、相手の投票を読みあう駆け引きが始まってしまい、「○○に投票したいけど、これは相手も選ぶだろうからポイントを節約して、通したい他の作品に回そう」みたいな心理が働くようになってしまいました。これは良くないってことで、心理戦は禁止、素直に投票しなければならないという決まりができました。
一枚のアンケートハガキにも熱いドラマがあるのです。

 

ワールドトリガー 
リリエンタールが大好きでした。ただ、読み切り作品「トリガーキーパー」はそこまで好きという訳では無かったので、予告で「トリガー」のキーワードを見た時は嬉しさ半分、戸惑い半分。「あの路線よりもリリエンタール路線の方でまたやって欲しいなぁ」というのが正直な気持ちでした。
フタを開けてみたら、トリガーキーパー+実力派エリート迅にリリエンタールをまぶしました、って感じですね。
遊真(UMAから取っているのかな?)にリリエンタールっぽさがあって嬉しい!

「トリガーキーパー」「ルーム303」「リリエンタール」「実力派エリート迅」「ボーダー」「ユーマ」「バムスター」「ネイバー」葦原先生は「ー」が好きですね。

カラーの1ページ目で「無事か?メガネくん」と言っている男(迅?)もメガネだし、ボーダーにはさらにメガネがいるっぽいし、先生もメガネでしかも修のメガネとデザインが似てるというメガネラッシュ!今後もどんなメガネが出るのか楽しみです。

コメントで「今回は厳しめの世界に」とあるので、死者も出たりするんでしょうか。まぁリリエンタールでも幽霊のマリーは人を死なせてましたが…過去の話としてではなく、今回は主人公の目の前で主要キャラが死んだりとかもあるのかもしれないですね。
でもバムスターの口元とかすごいゴムっぽくて柔らかそうで人を傷つけられそうには見えない!不良も全然傷ついてないし(これが進撃の巨人とかだったらこの不良は胴体真っ二つでポリポリ食われていたと思われる)、葦原先生の優しい性格がにじみ出ていますよ。ともかく来週以降も楽しみ!

 暗殺教室 
ハワイの回で出てきた、殺せんせーの強みと思われた「ダイラタント挙動」が弱点に。第一話以来?先生のマジギレ顔といい、緊迫の展開になって来ました。第一話では「これでも先生を殺せないなんて!」という気持ちで読んでいたのが、今回は「先生が殺されちゃう!危ない」という気持ちに。生徒もきっとそうなんだろうなぁ。

恋するエジソン 
一話目は軽めのジャブという感じ。二話目は何度読んでも笑ってしまいます。
新連載二回目という重要な時期に、「壁のシミを移動させる」なんて小ネタで一話作るとは。なんて大冒険!しかもそれが最高に面白くなっているなんて。神か!神なのか!
シミを動かすマシンは昔あった、左右のダイヤルで絵を描くおもちゃを思い出すデザイン。
懐かしくなって調べたら「エッチアスケッチ」という商品名でした。エッチスケッチワンタッチみたいな名前だー。

前回の「印鑑ごちそうさまでした」といい、シミの話のオチで裸の絵が移動している所といい、なんとな~く衛藤ヒロユキ先生っぽいところがありますね。そこが我が家でウケているのかも。

NARUTO 
秋穂「歴代火影のトークが面白い!もう火影座談会を一巻分使ってやって欲しいくらい。」
Yukimi「ナルトーークやな。」
秋穂「大蛇丸の進行役もいいね、オネエキャラのタレントっぽいし。『アナタの術でみんな大迷惑してんのよ』みたいな」

Yukimi「サスケは質問しすぎやろ」
秋穂「教えて君か!ggrks」
Yukimi「でもみんなサスケには優しいな。こども電話相談室みたいになってる。」

トリコ 
フレグランスソードはサウンドアーマーに近いものを感じます。ジェリーボーイがチェリーボーイに見えたのは私だけじゃないはず。
そういえば、「グルメヤクザ」がアニメ版だと「グルメマフィア」になってますよね。横文字ならいいのか。

秋穂「手前に料理人がいて、奥で敵がやられてる構図が連発してるけどこれは狙ってるのかな?」
Yukimi「必殺仕事人の構図やな」

べるぜバブ 
今回のシリーズは茄子の人の顔が生理的に受け付けない…でも、妙なあだ名の雑魚キャラたちはちょっと好きだったり。たくさん出すぎて覚えられないけど。
今回こそべるぜバブの感想を書くぞ!と思いながら読んでいたら、アクオスが出てきたあたりで意識を失ってしまいました。そこからめちゃくちゃ面白くなっていて、これはいい感想が書けるぞ!と後で読み返したらそんなシーンは無くなっていました。面白かったと思った部分は全部私の夢だったみたいです……。

斉木楠雄のΨ難 
鳥束の回は不人気だったのかぁ。けっこう好きだったのになぁ。
Yukimi「燃堂はこんな悪戯する子じゃないと思ってた!ショック!」

トレジャー新人漫画賞 
スーパーヒーローかぶり!気になってネットで読んじゃいました。便利な時代ですね。
でも昔みたいに受賞作品集がJCで発売された方が作者としては嬉しいだろうなぁ。
二本のヒーロー作品、私は「SUPER hERO」の方が好きです。甘酸っぺ~!

食戟のソーマ 
正式な勝負といいながら、高級食材を使った方が有利になっちゃうのはルールの穴ですね。食材コスト制とかにできないもんでしょうか。
まぁ、漫画としては、高級食材を使ってくる敵をありあわせ食材で華麗に倒してしまうからこそ盛り上がるんだろうけれど……。
秋穂「相手が高級肉で来るなら、こっちはやっすいコンビーフとかで戦うのかな?」
Yukimi「中国産の肉とか」

SKET DANCE 
漫画家あるあるは面白かったんですが、キャラを叫ばせてページを稼ぐという話が出たところでオチが読めてしまったのが残念。ボッスンが叫んでこの漫画自体もページ稼ぎをするという展開もちょっと考えたんですが、そっちはありませんでした。
そして島本和彦先生の漫画が浮かびましたよ……。
Yukimi「ロマン回でロマンが目立たないなんて!斬新!」
秋穂「結局ヒメコは何の料理を作ったんだろう。気になる!」

こちら葛飾区亀有公園前派出所
最近、動きの少ないオタク系うんちく回が多かったので、短期間で全国を回る系の話だったのが嬉しかったです。
全裸で変態を逮捕するくだりも、昔のこち亀風で好きだなぁ。
ただ、両さんの「えっ、日本中に温泉があるの」にものすごい違和感。知らないはずが無いと思うんですが。
そして日本地図の形が違いすぎるのもちょっと気になりました。もっと単純化されていたら気にしないんですけど、リアル風だから余計に。九州の形とか房総半島とか気になる!

HUNGRY JOKER
秋穂「笛の音と巨人の敵といえば!ツギハギ漂流作家を思い出すね」
Yukimi「霧の敵は斬っても効かないのに向こうの攻撃は当たるのか」
秋穂「ワンピのロギア系みたいな感じなのかな。あれズルいよね」

Yukimi「主人公見てるとガリレオを思い出す。」
秋穂「ハングリージョーカーにエロ同人があったら『ふむ、女性の体はこうなっているのか。実に興味深い』って絶対言うよね!」

新米婦警キルコさん
秋穂「キルコさん最近ますます美人だなぁ」
Yukimi「動体視力がすごいっていうのは、クロガネが終わった今だからこそ使える設定やね。」
秋穂「ケルベロくんの顔のままなんて、もう平方先生はハルの顔描くの嫌になっちゃったのかな~。心なしかケルベロくんの方が生き生きして見えるよ」
Yukimi「いや平方先生なめたらあかん。ハルの顔が割れてないことがこの先に繋がって来んねんて」

クロス・マネジ
試合をもうちょっと丁寧にやって欲しかったところですが、テンポを良くするためしょうがないのかな?恋愛しないでラクロスやっている時の方が好きです。
秋穂「主人公の高校名を忘れちゃってて、勝敗表が出てきたとき一瞬『え、どれ……?』ってなった」
Yukimi「人形が怖すぎる!ハンターハンターになったかと思った。一つ願えば一人死ぬ、みたいな。」
秋穂「ここはホラーじゃなくて不細工系の人形でも良かったかもね」
Yukimi「しかもうちのジャンプ、適当に開くといつもホラー人形のページで開く!怖すぎる!」

むこうみず君
漫画歴五か月でこれはすごい!
でも、新作より受賞作の方が面白いですね。二本目は急に決まって慌てて描いたのかも。

巻末
麻生先生のコメントが!!!せつない……
インフルにノロにヘルニア、先生方ボロボロですね。
45歳を対象にしたジャンプは、どうせなら創刊当時小学生だった55歳向けに作ればちょっと売れそうな気がします。

週刊少年ジャンプ10号 感想会議

ジャンプ感想

大注目の新連載。新連載でここまで盛り上がれるのは、最近では暗殺教室以来かな?しかも来週は葦原先生! 

 

【アンケートに書いた三本】

1.恋するエジソン 

2.ONE PIECE

3.斉木楠雄のΨ難

エジソンはぶっちぎりで選ばれ、 YukimiさんはONE PIECE、暗殺教室、ハイキュー、めだかボックスに投票。私は斉木、キルコ、クロス・マネジ、BLEACHに投票しました。エジソン以外の票がここまで分かれるとは。

ハガキ裏面のアンケートは新連載のエジソンについてと、ジャンプを読み始めた時期について。
今回から、番号だけで答えきれない質問には書き込みをしようということになりました。おかげでとてもウザいハガキに。私が集計の人だったらそんなハガキは見なかったことにしてハガキの山にそっと戻すな……。

読み始めた時期は床屋さんとかにあったものをたまに読んでいた時期からになるのか、自分のお小遣いで毎週買い始めた時期になるのかで答えが変わるんですが!難しい!
ジャンプを読み始めたきっかけの漫画も連載作品の中から番号で答えるようになっていたんですが、連載中のものには無し。しょうがないので「ドラゴンボール スラムダンク」と書き込み。
その他、色々書き込みをしました。果たしてこの書き込みは意味があるのか。

 

恋するエジソン 
「連載復活!!」というアオリが印象的。
毎号二話構成と言い切ってしまうのも新しいですね。実際に読んでみると、短くオチが付いていて、一話のボリュームが良い感じ。ギャグのクオリティにも大満足です。この勢いを長く保てれば天下が取れるかも!と予感させてくれました。

頭にネジのスピ○ちゃん。どうしてもあの無敵鉄姫が浮かんでしまいますが、スピカちゃんも可愛い!読み切りの時よりも可愛くなっていますね。寮長のお尻にウットリしてる表情が好きです。
舞台を寮にしたのも、面白くなりそうだと感じました。学校と寮、ダブルで楽しめますね。

とにかく我が家ではかなりの盛り上がりを見せています。次週以降も飛ばして欲しい!

 NARUTO 
いつもNARUTOはどこか読み流している所があって、話の流れや細かい設定を忘れてしまっています。
「そういえばカブトはどうなったんだっけ!?今の大蛇丸の体はカブトのじゃないんだっけ?」「なんかポカーンとしたままのはず」「ポカーンって!?」という所からWikipediaで検索→NARUTOの項目から人物一覧に飛ばされる→カブト単独の記事へ飛ばされ、二人で話し合ってなんとか流れを大雑把につかみました。大の大人が話し合っても理解できない
なんて……。

しかし、その後も「そもそも大蛇丸って何がしたかったんだっけ?」「展開変わりすぎて当初の目的も意味がなくなってるんじゃ?その目的も忘れたけど……」「四代目が初代~三代目を封印したんだっけ?」「二代目の火影ってソードアートオンラインに出てなかった?」など話し合いが迷走。

最終的には「ゼツが便利すぎる」「サイバイマンみたいなもんかな」「ちょっと生贄が足りない時にはこれ!ゼツ!(小林製薬のCM風)」「生贄にも使えて代わりの体にもなるなんて活用度無限大だね」という方向にまとまりました。

残り一体のゼツの用途は? 

斉木楠雄のΨ難
丸く収まって後味が良かったのが良いですね。ギャグ漫画とはいえ、嫌われ者先生をコケにするような展開は大人になっちゃうときついのです。楠子のデザインが無口系女キャラのテンプレながら、可愛い!きっと再登場するだろうなぁ。燃堂の反応が楽しみです。
Yukimi「この先生、『鈴木先生』だったらおかしくなって辞めてたね」 

BLEACH
早速種明かしがあってスッキリ。ギリギリを楽しみたくて無意識にセーブしてしまうというのは、読者的にも納得のいく心理じゃないでしょうか。しかし、わざと瀕死にして回復を繰り返すって、ドラゴンボールの無茶な修行→仙豆で全回復、サイヤ人は死にかけるとパワーアップ!みたいですね。
そういえば先週の扉で、剣八の股間に卯ノ花さんの頭が合体していて黒光りツヤテカなのを見てYukimiさんが大興奮してました。

暗殺教室
Yukimi「転入生の登場の仕方がカッコ良すぎる!」
秋穂「インパクトあるね。なんかディオの登場シーンを思い出した。」 

ハイキュー
Yukimi「今週の天井はどうかな?」
秋穂「今回はなかなかの天井回。」

HUNGRY JOKER
Yukimi「そんな掲載位置で霧の迷宮て。そっちへ行っちゃ駄目だ~~!!」
秋穂「BLEACHは下位の迷宮から生還したけど、これは嫌な予感がするね……。」

クロス・マネジ
キャラが立っていたのにこれまでスポットが当たっていなかった、小松さんの回。
前回、 先輩マネージャーと話していた時にゴーリーの適正については話が遮られていたので、近々ゴーリー回かな?と思っていましたが、こんなに早く来るとは。
手の大きさにドキッ!ってやつは、斎賀さんでやって欲しかったなぁ。

新米婦警キルコさん
今週のキルコさんはいつもの三割増しで美人!いつも動物マスコット的な可愛いさのキルコさん、今回は綺麗なお姉さん風の表情が多くて印象的でした。
キルコさんの過去話と見せかけての新キャラ紹介、楽しめました!

烈!!!伊達先パイ
先週の悲しい予告通り、最終回。最後のページだけ見たらギャグ漫画じゃないみたいなほろ苦最終回ですね。
振り返ってみると、別に伊達政宗じゃなくても成り立つ話だったなぁという感じがちょっとします。見た目のインパクトとキャラの元ネタとして使うだけじゃなく、やるならもっと徹底的に、誰も分かんないようなマニアックな歴史ネタを盛り込んでも良かったような。
今回は短い連載期間で終わってしまいましたが、魅力的な脇役が多い作品でしたね。この短い間に、脇役だけで一話成り立つような状態までキャラを定着させているってけっこう凄いと思います!

週刊少年ジャンプ09号 感想会議

ジャンプ感想

そろそろ厳しくなってきました。オフ会の勢いで始めたけど、いつまで続けられるかなぁ。 

 

【アンケートに書いた三本】

1.暗殺教室 

2.SKET DANCE

3.食戟のソーマ

 この他、Yukimiさんはキルコと斉木を、私はクロガネとクロス・マネジを推しました。
今回は新連載や読み切りが無かったため、アンケートハガキの裏面はお年玉やクレーンゲームについてのアンケート。
お年玉なんて、もうあげる側なのになぁ。 
クレーンゲームのグッズを出してほしい作品は、表面の「面白かった作品」の番号を使って答えるようになっているんですが、
休載中のハンターにもこの質問用に番号が振られていました。

新連載だった三本は大増23P。「大増」という文字を見ると太臓を思い出します。
 

トリコ 
一対一のバトル開始。
ゼブラはボイスアーマーの便利さからか、イメージとは裏腹に守り役になることが多いですね。
Yukimi「そのギャップがいい!実は受、みたいな!」 
サニーの髪が切られたシーンは読んでいるこっちまで痛くなって来ます。本来切られても痛くない部位なのに読者に共感させてしまうとは。
ココの毒はこれ、吸ってもらってむしろ良かったのでは。こんなの海とかに落ちたら海の生き物が汚染されそう。
ココの毒に関しては最近、「一滴で骨まで残らない」とか言われても、「でも、効かないんでしょ!? 」って思ってしまうようになりました。先週も熱消毒されちゃったし……

 ナルト 
九尾のチャクラをナルトが変換して皆に渡せるっていう説明が、鍵穴(パズル?)みたいな感じに図解されていましたが、これ何かエロい!
ナルト総攻め。
Yukimi「でも九尾にハメてもらえるのはオレだけだってばよ!」 

ONE PIECE
恒例の宴回。宴回はページをめくる時、脳内にドラクエの一晩経った時の音が流れます。
Yukimi「ゾロがめったに見せないほどのいい笑顔を!笑い合ってるこいつ誰!?」

食戟のソーマ
連動企画ページでレシピを載せて欲しい!コミックスのおまけページとかであるのかな?
「食戟」ってなんだろうとずっと思っていたんですが、そういうバトルのことみたいですね。天挑五輪的なやつなのか、それとも日常的に行われているのか。
十傑は、OBや教師がメインだと思っていたんですが、生徒ばかりなのかな? 
既に裸エプロンだった先輩が、さらに脱げたところに笑いました。
Yukimi「先輩のエプロンが落ちなかったのは、股間も芽生えていたためでは?」 
この先リアクションがどんどんエスカレートしていくんでしょうか。「巨大化して大阪城破壊」を超えられるか!? 


暗殺教室
バクマンでいうところの、「1話完結じゃない1話完結」回。
シリーズとシリーズの間の息抜き回的な楽しさもありながら、先生のプライベートや過去にせまりつつ、転入生もチラ見せ。 すごくお得な気持ちで読めました。
頭巾の人物、羽織に入っている紋章は地球と月を表しているのかな?羽織は前から見ると白衣やスーツみたいなデザインになっていますね。理科系の新しい先生?

SKET DANCE
このくだらなさが大好きです!今週の一言「女過ぎればすぐゲスだ!」
サーヤの顔は登場の度に変化してる気がする……。
透明になった同士はお互い見えるのか?とか細かい部分はちょっと混乱しましたが気にしない。 

ニセコイ
万里花のために1500通のハガキを出した千葉県のYさんすごい!
千葉県のY……Yukimiさん!?ってなりました。もちろん違ったけど。

クロス・マネジ
ルール解説が嬉しい。ヒロインの才能がいまいちピンときてなかったけど、ルールを説明してもらえると説得力がありますね。しかしもっと早く説明をやってほしかった!
主人公が指示を出すときの「D6」などのフィールドの升目分けは、主人公オリジナルのものなのか、ラクロスではよくある方法なのか。調べても分からなかった……。
Yukimi「主人公が編み出したならもっと押すべき! って議事録に書いといて」

BLEACH
憧れだったって言ってるけど、そういえば前にBLEACHで「憧れは理解からもっとも遠い」とか言ってた気がするんですがこれはいいの!?この戦いで「脱・憧れ」ってなるんでしょうか。
剣八のことを調べようと思って、Wikipediaで「BLRACH」を検索したら、キャラについては別ページになっていて、さらに剣八は別ページに独立していて「たらいまわし」のネタを思い出しました。
Yukimi「こんなにしっかりまとめてあると、作者も描くときに読み返さなくていいから便利やな」 

銀魂
幾松さんの7巻の話がどんなだったか思い出せない……。ご丁寧に過去のコピーまで載せてくれているのにさっぱり。義弟くんはなおさら思い出せず、「ああ!ミスフルの!」ってなりました。生え際がなんかミスフルの沢松。

烈!!!伊達先パイ
「最後の聖戦」とか「仙台の中心でアイを叫んだ伊達先パイは……」とか、自虐的なアオリが。終わっちゃうのがもったいないなぁ(先週クロガネでも言ったけど)
終わりを予感させるアオリといえば、伝説の「カイン」。ムーさんの特集ページを改めて読むと、カインは今見てもすごいですね!伊達先パイのはネタだけどカインは真面目にやってるんだもんなぁ。

クロガネ
最後まで丁寧に描いてくれて、とても豪華な感じがしました。まさにフィナーレ。
Yukimi「アメとマスクの奴らは一体なんだったんだ。それさえも計算だったのか。あと最終回なのに監督が出てこない」
秋穂「監督、今回の試合には来れなかったんだっけ」 
二人とも記憶があいまい。 

 

新連載来ますね!
Yukimiさんが大好きなグリムの渡邉先生と、私が大好きなリリエンタールの葦原先生。豪華すぎる!と我が家では大騒ぎです。
秋穂「葦原先生のは何かハングリージョーカーを脅かしそうな雰囲気だね。」
Yukimi「しかもハングリージョーカー、恋するエジソンとも科学でかぶってる!」
秋穂「どっちも科学じゃないよ!」

恋するエジソン、ヒロインの髪飾りがスピンちゃんを思い出しますね。

週刊少年ジャンプ08号 感想会議

ジャンプ感想

時間が無い!書きたいことだけ。

【アンケートに書いた三本】

1.銀魂 

2. ONE PIECE

3.新米婦警キルコさん

  

表紙 
レトロな配色。20年くらい前のジャンプってこんな感じの多かった気がします。家に置いていて、今週号なのに「あ、昔のジャンプがある!」って気持ちになりました。

 

表紙裏 ワンピ海軍の時計 
だせぇぇぇぇぇ!!!赤黄青を入れないといけないからしょうがないのかなぁ?しかし4万もするならもうちょっとデザイン頑張ってほしいなぁ。

ナルト
いいシーンなんですが、花言葉のくだり、父親と恋バナなんかするかー!!とちょっと引いてしまいました……

ONE PIECE
ロボに対する男女のテンションの差は面白いけど、実際は女性もこういうの好きな人けっこういそうだけどなぁ。
海楼石って敵方が使うイメージだったので、今回味方が使ったことに衝撃を受けました。別に使ってもいいんですが、なんというか「イルガが毒を!」みたいな。 

暗殺教室
先週は超やり手っぽい雰囲気だった師匠が烏間にあっさり負け、引くのが早すぎて拍子抜けでした。
ビッチ先生の色仕掛けと見せかけてトラップ!という所はワクワクできたんですが、最終的に甘え落としになってしまったのが勿体ないような。他の刺客や烏間よりも生徒との距離が近いのが彼女の強みだし、そういう路線で攻めても面白くなりそうです。光栄ゲームのパラメータネタが地味に嬉しかった!

トリコ
「うわあぁぁぁ」が二回目。ポイズンサウンドアーマーの理屈がさっぱり分かりません。相変わらずゼブラさん万能すぎる。
Yukimi「ハングリーソーマ(違う)の音と重力の合体攻撃みたい」 
そして熱消毒って!!!可能なんだ!?これまでココの毒にやられた敵って一体…… 

食戟のソーマ
寮のみんな登場。嫌な奴でも出てくるのかと思ったら暖かい歓迎で読んでいるこっちも楽しくなりました。密造とか色々大丈夫なのか…こち亀でも前にやっていたからアリなのかな!?
最初は女の子を試食シーンでエロく脱がしていくだけの漫画かと思ったら、老若男女容赦なく脱がす漫画でした。画力の無駄遣いがいい感じ!
寮のシーンで、なんとなくタカヤを思い出して、「うんこってキャラいたな~」とWikipediaで調べたら「うんこ」は料理が上手いという設定でした。完全に忘れてたけどすごい、何このリンク。 

BLEACH
表紙、遠近法的なやつだとしても長すぎませんか!?

アルベリーとアワレな悪魔憑き
アンケートハガキに「主人公『アルベリー』の印象を教えてください」とあって、悪魔の方が主人公だと初めて知りました。タイトルちゃんと読んでなかった……。
「悪魔」「ガチャ」ときたら、ぜひコンプガチャの要素を取り入れて欲しかったなぁ。
ダントツに絵が上手い天野先生ですが、上手すぎるがゆえに読みづらいのが残念。描き込みが素晴らしすぎてそっちに目が行ってしまい、キャラの顔に目が行かなくなっちゃうんです。ハガキで「主人公」となっていたアルベリーが悪魔の正体を現すシーン、重要なシーンのはずなんですが、顔よりもベルトのバックルが上手すぎてそっち注視しちゃいましたよ。

なんて偉そうなことを書いてしまいましたが、クライマックスの見開きがものすごくカッコイイですね!吹き出しやナレーションが焦げている所なんて「あれ、私のジャンプだけ焦げてる!?」なんて一瞬訳のわからない錯覚に陥ってしまったくらい。
秋穂「このウネウネの集中線かっこいいね!春人模様(ソードブレイカーに出てくるグリード様の体の独特な模様)を超えた、洋一模様だね!」
Yukimi「次の『打ち切りジャンプ』では洋一模様描いてや」
秋穂「まだ連載にもなってないのに打ち切り扱い……」 

銀魂
「これで来週はギャグ回だね」って言ってたら、本当にギャグ回だった!
やっぱり単発ギャグ回は最高ですね!ゲームネタなのでより楽しめました。テイルズシリーズの乱発ぶりなど、毒も効いているのですが……
まっさきにネタになりそうな、ゲームロゴを無双風にして怒られた(?)件に触れないのは、さすがの空知先生も踏み込めない大人の事情があったのでしょうか。アニメのプロデューサーが度々変わってるとか(謝罪だったかな?)そんなネタをやっていたくらいだから、無双ネタも入れてくると思ったのになぁ。無双サイドはネタにもできないほどのマジギレだったんでしょうか。

 テアトルアカデミーの広告
おなじみの脇くん!旬の福くんもいますね。
最近「たまごクラブ」を読んでいるんですけど、実はそっちにもテアトルアカデミーの 広告が載っているんですよ。

f:id:iolite:20130123024358j:plain


脇くんの存在が消されているのが悲しい。福くんはいるのに。
ピュアな瞳の赤ちゃんと一緒に脇くんが載っていたら、ビフォーアフターみたいに感じられてしまって応募が減るからでしょうか。

ハイキュー
ローテーションなどを図で説明してくれるのがありがたい。スポーツ漫画を読んでる時って、だんだん選手の位置関係がわからなくなって顔と描き文字を追ってるだけになることが多いんですが、図や「日向IN」とかの説明が入っていることでちゃんと流れに付いて行けます。
Yukimi「天井が日増しに上手くなってる。」 
 

新米婦警キルコさん
お部屋訪問回。楽しめました。
バレットとキルコさんはシティーハンターの海坊主と美樹をちょっと思い出しますね。
バレットがコードネームを勝手に決めた時の、男子のキラキラした顔がかわゆい。
しかし、「女子力」って言葉、どうも苦手です。なんか押し付けられてる感じがするんですよ。雑誌とかを見ていても、「自分が気に入った可愛い服や小物を身に着ける→女子力が高い人」だったはずが、いつの間にか「女子力を上げたい→そのためにはコレを買わないとダメ!さあホラ早く!」な感じになってるんですよ。女子力って言葉に踊らされてる気がします。
でもだからこそキルコが飛びつくキーワードなのかなという感じもしますね。 
Yukimi「後ろがこち亀なのは嫌がらせか」 

クロガネ
秋穂「終わっちゃうの勿体ないなぁ」
Yukimi「え、終わらないよ!」 
秋穂「終の太刀とか言ってるし終わるものかと…」

池沢先生が審査員を務める漫画賞 のページがクロガネより前に載っていて悲しくなりました。審査員なんかしている場合じゃないですよ!

巻末の通販広告
スーパーZ・完全脱毛セット』の男性の裸を見ながら
秋穂「乳首がピンクすぎるし飛び出しすぎでは?」
 Yukimi「フォトショで乳輪消してんちゃう?」
秋穂「誰が何のために」 

グランドジャンプ増刊のたなかかなこさん新連載が打ち切りジャンパーとしては気になります。

うろ覚えコンボ

日常

Yukimi「秋穂は中高生の頃とか、ナマモノに萌えたりとか無かったの?」

秋穂「あったかな~。あ、でも友達が西武ライオンズの選手の似顔絵とかマンガとか描いてたよ。」

Yukimi「えっ、『ぼく清原くん』みたいなタッチの?」

秋穂「そんな漫画あったっけ、『かっとばせキヨハラくん』とかそんなタイトルじゃなかった?」

Yukimi「いや、かっとばせが付くのは『かっとばせ掛布くん』やろ」

秋穂「え、そんなのあった!?」

ここで検索。

Yukimi「ああ~、掛布のはゲームやった。『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』」

秋穂「すごいタイトルだね……ってこれ、選手の方じゃなくて子供タレントのカケフくんだよ!!」

Yukimi「『さんまのまんま』に出てた子かな」

再度検索

Yukimi「所ジョージの番組やった」

秋穂「そっかー。というかもしさんまだったとしても、まんまじゃなくて『あっぱれさんま大先生』の方じゃないかな……」

Yukimi「さっきから何一つ合ってないな」

 

真実に到達することは決してない、
終わりのないのが『終わり』 それが『ゴールド・E・レクイエム』―――

 

週刊少年ジャンプ06・07号 感想会議

ジャンプ感想

今週の我が家のジャンプ会議はこんな感じでした。

【アンケートに書いた三本】

1.氷上布武 

2.SKET DANCE

3.烈!!!伊達先パイ

 

話し合いでまとまらなかったため、一人10点を持ち点にして合計点が高いものをアンケートに書くことに。
氷上布武は二人とも高評価。
あとの二つは、私がスケットを、Yukimiさんが伊達先パイを推しました。

表紙 
トリコと黒子の髪の食材は何が使われているのか気になる!着色してるのかなぁ?
個人的には、キャラ弁は食材の色を活かして作るのが良いのであって、
着色するのはちょっと邪道な気がしますが……青系はしょうがないかぁ。 

 

コラボ漫画「ニセキュー!!」
Yukimiさん「ビーチでそわそわしてる影山が可愛かった」
秋穂「ラストのコマでヒロインたちが水着に上着を羽織っていたのが一番グッと来た」
感想が逆じゃないか? 

トリコ
小松の腕をがしっ→うわぁぁああの部分はAAやコラにしやすそうで活用度無限大だなぁ。

ニセコイ
今週の話はすごい好き!ベタなネタながら、こういうの大好きです。
しかし、小野寺さんと二人きりでまさかの居眠りという前科のある楽が
リップに 気付けるとは思えない……

銀魂
Yukimi「ちょっと長すぎた」
秋穂 「これで来週はギャグ回だね!」

SKET DANCE
今回は声を出して笑いました。まずスイッチの絵がマスコットに選ばれた時点でファンにとってはものすごいサービスで、もうそれだけでも楽しくて笑えてしまいます。
スイッチによるブログへのダメ出しもすごい好き。このキャラへのウザいこだわり、なんだろうと思ったらYukimiさんのペギー(Yukimiさんのブログのマスコットの鳥)へのこだわりようにそっくりだ……
 さらにゆるキャラ業界の内輪話も、年末のオフ会をなんとな~く思い出してしまいました。

氷上布武
大石先生だ~~~!!嬉しい!
それにしても、いぬまるって11巻も出ていたんですね。普通のコミックスよりページ数が少ないタイプとはいえ、入れ替わりの激しいジャンプのギャグ漫画でこれだけ続いたのは凄い! 「だから言ったじゃないですかー!!」は我が家では未だ現役ギャグです。
今回の話は完結している感じなのでこれが連載にはならないだろうけど、また大石先生の 連載が読みたいねってことで、アンケートでは「大石先生の別の作品を連載で読みたい」を選択。

しかしこれ、アンケートの選択肢にすごく困る。
主人公の印象を選ぶ所があるのですが、
「馬鹿っぽい」「つまらない」「ふざけている」とか選んでしまうと、大石先生の評価がマイナスになってしまうのでは!?と心配になります。
「馬鹿っぽい(だがそれがいい)」的なニュアンスが伝わるかどうか……。
話の印象も「ありがちだ(だがそれがいい)」「先が読めてしまう(だがそれがいい)」 なんだけどなぁ。
というわけで、 大石先生の評価がプラスになりそうな「面白い」「テンポがいい」とかの、無難な選択肢にしてしまいました。

漫画大喜利大会
いつもの4コマ大会の方が良かったのになぁ。

烈!!!伊達先パイ
十勇士一挙登場の回。近藤先生の描く女性キャラがすごい好きです。十子や由利ちゃんもいい感じ!
あと、「あれ?SASUKEと霧子って姉弟だったっけ!?」と素で焦りました。毎週読んでいるつもりだったけどそんな描写あったかなぁ。しかしこんな後ろに載っていてキャラが一気に出ると、「切法師」を思い出します。続いて欲しいけど厳しい!?

ところどころ、岡田あーみんですよね。確か好きな漫画にもあーみん様を挙げていたような。嬉しい気持ちもあるんですが、どうしてもあーみん作品を意識して比べてしまうなぁ。

 

 

短く終えるつもりが、確認とかしてたらけっこう時間かかっちゃいました。もっともっと短くしていかないと続けられる気がしない……

あ、「J STARS」のフィギュア、第三弾以降の登場キャラが気になりますね!

ジャンプ会議

ジャンプ感想 日常 マンガいろいろ

どうも、お久しぶりです。秋穂です。

2011年末のオフ会でフグを食べながら、
「今年は更新します!」
と宣言し……

心機一転はてなブログにアカウントを作り、
帝一の國ガラスの仮面感想なら月イチだしなんとかなるだろうと思っていたのですが。

が。

 

気付けば2013年。
何も書かないまま一年。

ガラスの仮面は休載から戻ってきません……

帝一は相変わらず面白いんですが、
同じ雑誌の前の方で同ジャンル(シリアスギャグ漫画)のテニス様が 頑張りすぎていて、
ダブルスなのに三対一になったりネットが炎上したりしているのでインパクト負けしているような。
頑張れ。 

私もがんばろう。うん、がんばる。


さて、我が家では不定期で「ジャンプ会議」が行われています。
夫婦揃って元ジャンプ感想人のため、ジャンプを読んでいくと
ブログを書く気力はなくても言いたいことだけはどんどん溜まって行きます。 
それを「伝えたいことがあるんだ」 とばかりにぶつけ合うんですね。
あとは打ち切り作品の反省会もしています。 

そんな我が家、今年は毎週アンケートハガキを出すことになってしまいました!
もう切手も一年分買ってしまって後には引けない状況に!
毎週、アンケートに記入する上位3つを夫婦で話しあって決めることになります。
ジャンプ会議毎週開催決定。

そんなわけで、ちゃんとした感想とまでは行かなくても
会議の議事録というか、一行コメント的な物はたまに更新すると思います。

よろしくお願いします!